ビジネスアカウントが作れるFacebook!

パソコンを使う男性

ビジネス用途であれば、ビジネスアカウントが作れるFacebookもよい選択肢といえるでしょう。というのもFacebookはどちらかといえば30代から50代のビジネスマンが多く、特に男性が多いという話もあります。このため、比較的多くの人が参加しており、全体的にビジネス系の用途に使う人も少なくありません。

ビジネスアカウントとは、Facebookのページの中でも特別に企業や団体、お店やイベントなどの宣伝のためのアカウントです。基本的にFacebookそのものは一人1アカウントと決まっていますが、ビジネスアカウントを持つことで個人でもその会社やお店の宣伝のためのアカウントを持ち、投稿や運用が可能になります。こうすることで、それぞれのFacebookページを投稿したり、修正・運用などが可能です。比較的多くのサイトが参加できるだけではなく、個人のイベントや起業した会社のためのアカウントを持つ人も少なくありません。

気をつけたいのはFacebookのビジネスアカウントは最初に個人アカウントが必要になるという点です。個人がまず何らかの個人アカウントを取得し、そのあとにビジネスアカウントを取得することになります。
とはいえ、個人アカウントは必要ですが登録も簡単なので、そこまで難しいことはありません。基本的には必要事項を入力して送信するだけで、多くの人と関わる事が出来ます。利用も無料で、何らかの費用がかかるということはありません。

Facebookそのものの特徴としては、アクセス解析があるという点です。注目度の高い情報として、豆知識や人の目を引く投稿、面白い投稿があるとそれらの反応も確認する事が出来ます。これは他のSNSにはない特徴で、ほかのSNSであれば運用時にアクセス解析が欲しい場合は他のサービスを利用するのが基本ですが、Facebookんならそんな必要もありません。

基本的にユーザー参加型の中でもかなり王道のサービスですので、やってみるとかなり面白いでしょう。ただし、Facebookページそのものは基本的に自分から更新していったり、投稿を頻繁に行ったり、定期的に誰かにいいねするなどして運営しないと、人の目に留まりにくい傾向があります。無料で誰でも始められ、登録も簡単にできる分、運用時には何らかの工夫は必要になるかもしれません。豆知識やユーザー参加型のイベントなどを実施することで、注目度を上げる事も出来ます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧