世界中に強くアピールできるYouTube!

もしサービスや商品を広く世界に知らせたいというのであれば、YouTubeも大事なポイントでしょう。YouTubeは動画ベースでやり取りをするものですが、ユーザーや閲覧者はコメントや様々な形でメリットを得られます。

最も大きいのが、聴覚や視覚に訴える事が出来るという事です。聴覚や視覚はその人にダイレクトにアピールする事が出来るため、様々な点で工夫をする事が出来ます。
BGMひとつで雰囲気を変えたり、商品購入のためのルートを作ったり、動画で実際に使うところを伝えるなど、たくさんのアプローチが出来るでしょう。

もう一つは情報量の多さです。実は言葉以外でにアピールできる情報というのは結構多く、ただ商品として宣伝するだけではこぼれ落ちてしまうサービスやメリットというのは少なくありません。こういったところをアピールできるのも、YouTubeならではのメリットといえるでしょう。
また、スマートフォンの普及やWi-Fiの普及により、いつでもどこでもある程度の画質での動画閲覧が出来るようになったというのもポイントでしょう。このため移動中にちょっと気になる商品をチェックしたり、新商品のサービスや口コミをチェックするなども出来るようになりました。この時に動画という形でアプローチできるようになると、より多くの人に様々な情報を提供できるようになるかもしれません。

その一方で、実はYouTubeはデメリットもあります。
その最も大きなところが、かなり労力を使うという事でしょう。そもそも動画コンテンツは構成や音声、BGMや撮影、修正などで多くの作業が発生します。制作に手間がかかり、その割には効力があまり実感できないというパターンも少なくありません。
また、利用者に適切にアプローチするのが少々難しい場合もあります。動画のクリック率を上げるという工夫をしようとしたとしても、実際のクリック率が商品購入率に関連しているかどうかというとそうでもありません。クリック率や動画閲覧者数を高めたところで、実際に商品購入につながっているとは考えられない場合が多いのです。
また、動画の質も重視されます。かつての動画メディアは低画質でもよかったのですが、今ではスマートフォンの普及やパソコンの高画質化などに伴い、動画の質もかなり重視されます。このため、労力も昔以上にかかっている傾向があり、制作はよりプロフェッショナルな知識や技術が必要になりました。

メリットとしては、利用者に対して広くアピールできるという点や世界中に広く伝えられる、情報量が多いことなどがあります。ですが、デメリットも少なくありませんので、しっかり考えて活用しましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧