起業家に向いている性格や特徴!

起業家になりたいのなら、どういう性格がいのでしょうか。実は起業家と呼ばれる人たちは、いくつかの性格特性や特徴を持っている傾向があります。

一つは、自分のコンディションを一定に保つことです。いつも体調が良く、パフォーマンスを高めるために自己管理を欠かしません。食事にこだわりがあったりジム通いをするなど、自己管理をしっかり行って体調やメンタルケアなどをしっかり行います。問題に対しても的確に処理を行うため、いつも健康的な傾向があるとされています。

もう一つは、性格面に関することでしょう。基本的に競争心が高く、行動力や問題解決力が高いとされています。このため男性的と評されることもあり、女性起業家も好戦的で挑戦的な人が多いとされているようです。
基本的に性格面は好戦的で競争心が強く、積極的に行動します。行動力が高く問題にも的確に対処するため、客観性が高い人も多いとされています。
起業家の場合は、自己評価が低い人は少なく、自分を高く評価する傾向が高いでしょう。このため、かなりうぬぼれが強い人も多いという意見や、我が強いとい言われることもあるかもしれません。
その一方で冷静だという評価もかなりあります。定期的に自分を客観視し、自己評価も定期的に切り替えていきます。どちらかといえばダメな事や行えないことは何かを知っており、時に冷酷な判断を行う事も少なくありません。このため、冷静さや自分をどう見るかという客観視も出来る人が多いでしょう。

いろいろな起業を行う人の場合、法律や経済に詳しい人も少なくありません。基本的に企業は法律に基づいて行う行為ですから、様々な法律を知っている人が有利です。当然世間のことや経済のこと、トレンドや世の中の流れ、技術発展などにも詳しい人の方がさらに有利になるでしょう。

中には作った資産を投資に回し、資産を上手に管理し、資産運用により資産を増やす人もいます。また、自分の起業がダメになったときや、自分に何かあったときに家族や会社に資産を回せるように、積極的に投資を行う人も少なくありません。有名な起業家が現代美術やアートを好むのは、やはりこのような投資の一環という意見もあります。

基本的に自分のコンディションをしっかり保ち、積極的に行動し、行動力や問題解決力が高い人が多い傾向があります。比較的積極性が高く、男性的な人が多いという傾向があるのです。ですが、一概にこのような人ばかりとは限りませんので、性格がそうではない人でももちろん企業は可能です。

関連記事