SNSをやらない起業家が時代遅れな理由とは?

最近ではSNSをやらない起業家など時代遅れ、という考え方も出てきています。時代に沿っていないという意見もありますが、それ以上にSNSをやるメリットを放棄している、というのがそういわれる理由です。これはどういうことなのでしょうか。もう少し見ていきましょう。

まず、起業家の中には自分たちで作った商品や製品・サービスを売る人たちもいます。このような人たちにとって、商品の知名度や購買意欲をそそるような宣伝活動はとても大事なポイントでしょう。SNSをやることでこのような購買意欲をそそったり、商品の知名度やブランド力を高める事が出来ます。SNSをやらない人はそれによって自分たちの商品やサービスを宣伝する機会を失っている、という考え方をする人が少なくありません。

もう一つは、実名でSNSをやることにより、適切なサービスや商品提供、企業運営などが出来ると考えられるためです。実名でSNSを行うことは、そのままその企業か個人への信頼性につながります。顔や名前がでていると、その人を知って信頼できるようになったり、どういう人柄か知って商品を購入したりサービスを利用しようという気になりやすいのです。

また、SNSは商品を宣伝するための方法がいくつもあります。写真で魅力をアピールしたり、動画サービスを使う事も出来るでしょう。このような様々な宣伝方法を利用することにより、商品やサービスをより分かりやすくアピールできて、商品についての興味関心を持たせる事が出来ます。そのように購買意欲を掻き立てるこてで、商品購入に直結しやすい状態を作り出すことができます。

最近ではメーカーがSNSをやっているかどうかを重視してサービスを選ぶ人もいます。というのも、そのメーカーのファンになった消費者はそのサービスを定期的に知りたかったり、新商品や新ブランドの商品を知りたいという気持ちになるためです。
また、SNSによる各種サービスを重視したり、何らかのサポートが受けられると考えている人もいます。消費者の方がより情報を強く求める場合は、ぜひ積極的に活用した方がいいでしょう。

最後に、リアルな声をすくい上げる事が出来る、というのもポイントになります。ユーザーからの声を聴くのは難しい場合、リアルな声を直接メーカーや製造者に届けられるのは大きなポイントです。購入した時の体験を写真でアップしたりすると、それをリツイートしたりファボってくれる場合があるでしょう。そうなるとユーザーはそのブランドのファンになり、リピート購入に直結しやすい傾向があります。

関連記事