公開履歴
パソコンを使う男性

現在、起業をするという人であってもそうでなくても、様々なソーシャルネットワーキングサービスと呼ばれるSNSに登録しているものです。これは自分が様々なところからつながりを得て、その結果いろいろな人と交流することを目的としたサービスです。ネット上やアプリなどから登録し、アカウントに投稿したり、アカウントの投稿に反応したりして交流を深めていきます。
実は起業する人、あるいはその起業する会社名などでのアカウントを取得することは、既に今の時代では当然のこととなっています。

その一番の理由としては、マーケティングを行うためです。SNSにはそれぞれにルールやマナーがあり、利用する年齢層や地域などにも違いがあります。実はSNSではそれぞれのサービスごとに使用する年齢層の差があり、それを利用して見込み客を増やしたり、ファンの獲得にいそしむ企業が少なくありません。特に最近では、どのSNSを使うか、どのようなサービスを提供するかによってブランドや企業そのもののイメージもかなり違ってきます。

もう一つはコミュニケーションです。これは獲得したファンとの交流や、実際にサービスを利用した顧客からの反応(フィードバック)を得るためというのもあります。当然ソーシャル広告を出すためというのもあるでしょう。サービスの利用者により良くサービスを知ってもらうために、広告を設定する企業は少なくありません。
ファンの獲得もそうですが、さらにそこから継続的にファンを育てていく施策として、またファンを広く得るための施策として行っている企業も少なくありません。
潜在的な顧客にアピールするという事は、そのまま個人的な情報を得るという事でもあります。見込み客を増やし、ターゲットを設定してソーシャル広告を出し、いろいろな人に見てもらうための方法として工夫しています。

その代わりデメリットもあります。代表的なのとしてはやはり炎上のリスクは避けられないという事でしょう。どの企業もそうですが、せっかく設定したソーシャル広告の内容によって、また顧客の見込み違いなどで炎上するケースが少なくありません。顧客とのコミュニケーションの際、失言をしてファンを減らすこともあるのです。
このため、特定の地域や世代などを中心にしたマーケティングの一環としてSNSを行う行は少なくありません。ですが、的確に運営方針を決めたり、ターゲットを設定しないと炎上などブランド棄損のリスクも存在しています。

記事一覧

もしサービスや商品を広く世界に知らせたいというのであれば、YouTubeも大事なポイントでしょう。Y...

パソコンを使う男性

もしあなたがお店などをやっていたり、小規模なビジネスを行っている場合、お店に来てくれるお客様は大事な...

パソコンを使う男性

女性を中心に多くの世代、特に若い世代に人気なのがInstagramです。Instagramとは写真を...

パソコンを使う男性

ビジネス用途であれば、ビジネスアカウントが作れるFacebookもよい選択肢といえるでしょう。という...

携帯とパソコンを使う男性

基本的に、年齢が若い世代向けとなるブランドや企画でSNSを活用するのであれば、おすすめなのはTwit...

サイト内検索
人気記事一覧